読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッピー・シェアハウスライフ

シェアハウス住み2年の私が教えるシェアハウスのいろいろ

シェアハウス選びのポイント その2 トイレ・お風呂の掃除は清掃業者に任せるべし

選び方

f:id:tetuneco:20151012134430j:plain

こんにちは、tetunecoです。

 

シェアハウス選びで、意外に見落としがちなのが、お風呂、トイレ、リビング、キッチン、玄関などの共有スペースの清掃はどうするのかという点です。

 

清掃の方法

シャアハウスを探す場合、ネットで検索することになると思いますが、清掃の方法がどうなっているのか、必ず確認してください。

もし、清掃方法が書いていない場合には、そのシェアハウスは住人のことを考えてくれていないと思いっていいと思います。

ネットであちこちのシェアハウスを見てみますと、入居者が週1回程度、当番制で清掃するというものや、外部業者が週1回程度、清掃するというものがありました。

 

私が清掃業者をおすすめする理由

入居者で、共有スペースを週1回程度掃除する場合に、例えば入居者が5人いれば、掃除当番は5週間に1回となります。

月に1回程度なら、「それくらいなら掃除してもいいかな。」と思うかもしれません。

 

しかし、実際は、全員がきちんと週1回の清掃を行ったとしても、入居者の中で1番きれい好きの人に最も負担がかかってしまいます。

 

きれいの基準は人それぞれ

入居者全員がそれぞれ一生懸命掃除しても、それぞれきれいの基準が違いますので、どうしても掃除の程度の差が出てしまいます。

 

そうすると、きれい好きの人は、ちゃんと掃除しない人がいると思い、イライラすることになりますし、自分で掃除しないと気が済まなくなってきます。

 

一方、きれい好きじゃない人は、自分の割り当てられた通りに、掃除をしているのに、まるで掃除をしていないように言われたり、自分の思う以上にきれいにする努力をする必要が出てきます。

 

このように、それぞれが決められたとおりに掃除をしたとしても、もめ事の種が生まれてしまいます。

 

外部業者にお任せ

清掃業者の方が掃除してくれるとなると、掃除がちゃんとできていなければ、その業者の方に掃除をきちんとするようお願いすればいいことですし、住人の対して「ちゃんと掃除して」というより、ずっと言いやすいです。

 

ただ、清掃を業者の方に任せた場合でも、きれい好きかそうでないかで、どうしても日々の共有スペースの使い方にも差が出てきますので、きれい好きの方は、いろんなことが気になって、負担は大きくなると思います。

 

外部業者が週1回でもフォローしてくれれば、きれい好きの人だけが負担するのではなく、気持ちも楽になります。

 

一人暮らしでは、清掃業者に依頼するなんて費用がかかって、なかなかできませんが、シェアハウスでは、清掃費用をシェアして、お風呂、トイレ、リビング、廊下などの清掃から解放されます!

清掃は、業者の方にしていただくのが一番です!

 

きれい好きな人にもいいことはある

きれい好きな人は、シェアハウスにいるとあちこち汚れが気になったり、辛いのかというとそうでもないですから、安心してください。

 

きれい好きじゃない人って、たいていおおらかな方が多いんです。

 

いつも周りをきれいにきちんとって暮らしているきれい好きの人にとったら、そういうおおらかな性格の人と暮らすことで、気持ちが楽になれることもあるのです。

 

シャアハウス暮らしは、なんでもお互い様なのです。

 

*シェアハウス選びのポイント3 

tetuneco.hateblo.jp

 

 

f:id:tetuneco:20151012134448j:plain