読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッピー・シェアハウスライフ

シェアハウス住み2年の私が教えるシェアハウスのいろいろ

シェアハウスの選びのポイント その8 オーナーさんに会おう

f:id:tetuneco:20150426153900j:plain

こんにちは、tetunecoです。

 

シェアハウスの選び方のポイント その8は「オーナーさんに会おう」です。

 

 

似たような人が集まる

人の集まりには、「類は友を呼ぶ」という格言があります。

【読み】 るいはともをよぶ
【意味】 類は友を呼ぶとは、気の合う者や似通った者同士は、自然に寄り集まって仲間を作るものであるということ。

   (類は友を呼ぶ - 故事ことわざ辞典

気がつけば、同じような趣味・嗜好の人が不思議と集まってくるものです。

シェアハウスにもそういうところがあって、建物の内装や部屋の間取り、ルールなどによって、好みが分かれ、だいたい似たような人が集まって来るものだと思います。

一方で、一度入居しても、何か雰囲気が合わないなあと思う人は、自然と去っていきます。

そうして、住む人たちの雰囲気によって、徐々にシェアハウスの雰囲気が形作られていきます。

 

シェアハウスの核となるのはオーナー

私の住んでいるシェアハウスは、オーナーのこだわりが随所に散りばめられています。

リビングは、いつも明るく、おしゃれで、とても居心地がいいです。

何よりオーナーさんがあったかい方で、様子を聞きたいからと家賃もできるだけ手渡しでと言っておられて、家賃を持っていくと温かい飲み物でもてなしてくれます。

そんなオーナーさんのおかげか、私の住んでいるシェアハウスは、奇跡的にいい人ばかりが集まってきます。

 

「類は友を呼ぶ」

 

暖かいオーナーさんがホストとなって作るシェアハウスには、まったり族の住人がどこからともなく集まってくるから不思議です。

 

 

オーナーさんと会おう

シェアハウスでは、日常的に、いろいろな問題が発生します。

高いところに電球が切れて替えられない、DVDが映らない、Wi-Fiの調子が悪い、リビングにバッタがいるなどなど、いろんなことがあります。

私の住んでいるシェアハウスでは、女の子ばかりなので、住人だけでは解決できない問題もあるのです。

そんな時に、ちゃんと対応してくれる人がいるかどうかは、シェアハウスの生活に大きく影響します。

オーナーさんが全く対応してくれないとなると、シェアハウスの住みここちは悪くなります。

 

入居の時にできれは、オーナーさんがどんな方なのか会っておくのがいいと思います。

 

f:id:tetuneco:20150927151640j:plain