読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハッピー・シェアハウスライフ

シェアハウス住み2年の私が教えるシェアハウスのいろいろ

【シェアハウス】メリットその4 いろんな価値観と出会える

f:id:tetuneco:20150921160534j:plain

こんにちは、tetunecoです。

 

シェアハウスのメリット その4は、「いろんな価値観と出会える」です。

 

 

寮でもなく、一人暮らしでもない 

 シェアハウスというのは、住人の条件はそんなに多くありません。

女性専用、外国人可とかぐらいで、年齢制限や職業制限とか、学歴だとか、そういったせいげんはありません。

ですので、シェアハウスにはいろんな年代のいろんな経験を持った人が集まってきます。その辺りが、学生や職場の寮とは異なります。

また、個々人の個室があって、それぞれのプライベートな部分は保たれつつも、共有スペースでは、一緒にご飯を食べたり、テレビを見たりするとともに、ときには、恋の話や将来のこと、仕事の愚痴などいろんな話をします。

一人暮らしにはない、家族的な暖かさがあります。

 

役割を度外視した付き合いは案外少ない

 私は、社会人です。

社会人になると、先輩、後輩、上司、部下、それぞれ役割があります。

また、仕事に関連しない友人を作る機会も減って、気が付けば、職場関係の人が周囲にいることが多くなりました。

そうして、社会人として自分が置かれている立場を無視した人付き合いが難しくなりました。

私を仕事の役職や、置かれている立場などとは関係なく、いろいろな話をできる人というのは減りはしても、なかなか増えてはいきませんでした。

 

出会った価値観を大切に

 シェアハウスでは、その人がどんな仕事をしているとか、大学がどこだとかそんなことは、何も関係ありません。

いろんな人がいますがから、住人それぞれが互いにいろんな価値観に触れることができます。

また、住人皆んなが対等な暮らしですから、役割を度外視した付き合いができます。

私自身、若い人に教えてもらうことも多いですし、話をしているだけで新鮮な気持ちになります。 

人見知りの克服にもなるかなぁって、期待しています。 

 

最後に

 出会いというのは、意識して自分で作っていかないと、なかなか向こうからやってきてはくれません。

シェアハウスにいると、いろんな人が集まって、メンバーが入れ替わり立ち替わりしながら、家族的なお付き合いをしていきます。

私自身、ものすごく価値観変わったなぁって感じる毎日です。

よかったらあなたも、思い切ってシェアハウスライフを始めて、いろんな価値観に出会って、今の自分を見つめてみるものいいかもしれませんね。